FC2ブログ

■2018年8月12日

今週は、何故か3日にしか会社に行っていない。

金曜日は、土曜日の山の日の振替休日なので問題ないのだけど、木曜日も休んだ。

水曜日に台風13号が関東に接近してきて、会社からは15時過ぎに、帰宅困難になりそうだったら上司と相談の上帰ってもいい、翌朝も安全を確保した上で出社するようにとのことで、遅刻しても遅刻にならないとのことだった。

自分が使う電車が遅延していなかったので、水曜日は定時まで会社にいた。

で、木曜日。
朝起きてみると、風は強いけど雨はほとんど降っていなくて、電車も普通に動いていた。

普通に会社に行ける感じだったんだけど、強風の中行くの面倒だし、金曜休みだし…ということで休むことにした。

上司には、「電車は動いているみたいですが、強風の中行くのが面倒なので、お休みします。」と送った。

その後二度寝して、11時過ぎに起きた時は、風も無くなっていていた。

午後は、少しDTMをしたりしていた。

今作業中の曲の、ボーカロイドの入力をしていた部分も、ちょっと詩を直したりしつつ、アレンジも修正。

時間を置くとこういう部分を改めて見直すことができるからいいのだけど、早く完成させて次の作品を作りたい気持ちもある。


金曜日は、自転車の後輪のチューブ交換をしていた。

届いたIチューブ(輪っかではなく1本の棒状になっている自転車のタイヤチューブ)を導入した。

この前パンク修理したときに、リムテープの部分のゴムも劣化していたのでリムテープもついでに注文した。

車輪を外さなくていいので、そんなに苦労することなく、Iチューブをタイヤに入れて戻すことができた。

空気を入れてもすぐに抜けることはなくいい感じ…だったのだけど、実際走ってみると、Iチューブのつなぎ目も部分が硬いせいか、1回転するごとにガタガタする。

説明書にもチューブ接合部分で走行時に多少の違和感を感じるかもとあったので構造上は仕方のないことらしい。

もしかしたら、うまく入れ直せばあまり感じなくなるのかもしれないけど、暑かったのでやるとしたら涼しくなってからかな。

そうそう、ついでに前輪の空気も入れとこうと思って入れたら、いきなり空気が抜け出したので驚いたけど、バルブの部分を見てみたら虫ゴムが無くなっていたので、虫ゴムをつけて戻して様子見。

前輪は、自転車を買ってからほとんどいじってないから、劣化しててもおかしくないかな。
でも、びっくりした。


このまま、仕事のことは書かずにそのまま週末の記録。

土曜日は、夕方から高校時代の友人と恒例の飲み会。

いつもは18時30分とか19時から始まってたのだけど、最近体力ないから早めのスタートを希望する奴がいたので、17時開始となった。

まぁ、自分ともうひとり以外、妻子持ちだから早めに終わらないと大変なんだろうな~と思いつつ行ってみたら、結果終電帰りでいつもとあまり変わらなかったというか、いつもは終電の1つ前だったりするのでいつもより遅くなってたりしてw

自分は千葉県在住なので、19時とか開始の場合は、2次会に行く都内在住の参加者と別れて1次会で帰ってしまっていたからで、2次会に行っていたメンバーは、いつもより早く2次会も終了して帰れるというものだった。

自分としては、喋れる時間が多くなったのでこれはこれでよかったかな。

「残業したくない! ストレスのたまらない範囲でマイペースに仕事したい!」とか言っている自分以外は、それなりに昇進したりしているので、若い人を指導したりする立場にあったりして、「最近の若手はできないものも「はい」としかいわないので、小まめに確認しないと、納期ギリギリで全くやってなかったとかあって大変。まだ、残業しないとか言っているけど、できないものはできないと言うし、できる場合はそれなりにやってくれそうなひ~たのほうがマシ。」とか言う話もあったなw

帰ってきてからは、まったりしてたら4時過ぎていた。


今日は、12頃に起きた。

外は暑そうだったので、昼食も外に買いに行かずに家の中で過ごした。


来週は、お盆休みの時期なので電車は空いてそうだな。
まぁ、仕事は適当にやり過ごすかな。
スポンサーサイト
タグ : 日記

■2018年8月5日

今週は夏季休暇のためお休み。

日曜日にドラゴンクエスト夏祭りに行っていたので、月曜日に準備の日として1日クッションを置いた後、火曜日から木曜日までは青森へ旅行へ行っていた。

金曜日は、ダラダラ過ごしつつ、旅行のことをブログに書くのに多くの時間を費やしていた。

ながら作業でやっていたとは言え、旅行中に下書きをしていたのに、思っていた以上に時間がかかってしまった。

で、土日はほぼいつもの過ごし方かな。

とは言えなんかダラダラして、やろうと思っていたことがあまりできていなかったかも。

ただ、土曜日は春日部のみずほ銀行にナンバーズなどを買いに行く日だったので出かけたけど、今日は出かけなかった。

理由は大きく2つあって、1つ目は暑いから。
外にちょっと出てるだけで汗だくになる暑さだからね。

2つ目は、自転車のタイヤの不調。
後輪のタイヤがパンクして、自分でパッチを当てたんだけど、最初はうまくパッチが圧着できてなくて、金曜日の夕方にもう一度貼り直したけど、土曜日には再び空気が抜けていた。

チューブの交換は、後輪を外す必要があるので、ママチャリなので素人の自分がやるのは怖いかなということで、自転車屋さんで交換してもらわないといけないかなと思ったけど、ネットで調べてたら車輪を外さなくてもいいIチューブなる商品があることがわかった。

通常のチューブは輪っかになっているんだけど、Iチューブは輪っかを1ヶ所切って棒状にしたものになっているので、後輪自体を外さなくても入れることができるというもの。

まぁ、物は試しだと思ってネットで注文したので、来週末にでも入れてみようかなと思っている。


他では、6月の末頃に応募していたリミックスコンテストの結果が発表された。

プロの人も応募していて84作品の応募があったとのことで、グランプリになることはなかったのだけど、最終選考に残った作品などもフィーチャーできる方法を企画中とのことなので、もしかしたら自分の作品がどのような評価を受けていたかわかるかもということで、楽しみ。

ニコニコ動画やピアプロだけでやってると、ほとんど他人の評価を知ることができないのでね。

本当は、この休暇中にDTMもやりたかったのだけど、ダラダラする方に傾いて時間が取れなかった…

仕事が一番やりたくないことなのに、一番時間が取られるのはアレだよな…


来週からまた仕事なんだけど、実は金曜日がお休みで来週末は3連休。

11日の土曜日が山の日で祝日なので、その振替休日ということで、会社自体が休み。

これまで、土曜の祝日の場合、ゴールデンウィークや年末年始休みに連休を作るために振替休日が移動されていたのだけど、今回は移動はしないということらしい。

あと、上司は、この前の西日本の豪雨の関係で休み中に外せない仕事が入ってしまったので、急遽休みを1週間ずらしたので、来週はいないはず。

もしかしたら、台風12合の影響でまた予定が変更された可能性がないとは言えないけど、いつも以上にまったり過ごすことができそうだ。

自分のやっている仕事は隣のチームからの依頼なので、仕事の自分の決めたノルマはこなすけどね。

ということで、来週もなんとかやり過ごせそうだ。

タグ : 日記

■青森旅行3日目

青森旅行最終日。

今日は9時ちょっと前に起きた。

朝食は、昨日コンビニで買っておいたおにぎり。

チェックアウトは、通常11時のところ延長プランだったので12時までOKだったけど、10時40分過ぎには出た。
部屋を出たら周囲はすでに清掃が始まっていた。

新青森へ行く電車は11時22分発だったけど、改札を入ってホームの待合室にいたら、11時過ぎには電車が到着したので乗って待っていた。

乗って待っている間に何気なく切符どこだったかな~と、胸ポケットに音楽プレイヤーと一緒に入れていたのだけど見つからない…

そう言えば待合室で音楽プレイヤーを使うときに落としたのかもと思って待合室に行ったら、きっぷが落ちていたので回収。

気づくのがもう少し遅かったら電車が発車してしまってやばかったな…

新青森には11時30分に到着。

とりあえずコインロッカーに荷物を預けようとするけど、東口の方はキャリーバッグが入る少し大きめのは全部使われていたので、西口の方に行ったら空いていたので無事に入れることができた。

新青森駅のコインロッカーは数が少ないので、新青森で荷物を預けて散策する場合は気をつけたほうがいいかも。

その後は駅の中のお店で、昼食として本マグロとうにとホタテの乗った海鮮丼を食べた。

2600円で本マグロ2切れとホタテが3つとうにが少々のっていて、具の割にはご飯が少し多いかもと思ったりもしたけど、ホタテとかは美味しかった。

今回の旅行で一番のごちそうだったかも。

新幹線は15時17分発なので、バスで10分の県立美術館とかに行けそうだったのだけど、疲れて眠いし、お腹がいっぱいの状態で動くのも億劫になっていたので、駅のベンチで休憩。

しかし、ちょっと暑いまでは行かないけど心地よい温度ではなかったので、駅にあるカフェに入って飲み物を飲みながら、GPD Pocketを起動してこのブログの下書きを書いていた。

帰りのはやぶさ60号は臨時列車で新青森始発。
かなり前からホームに止まってはいたのだけど、車内清掃などが済んでからなので、実際に乗り込めたのは15時10分頃だった。

帰りもグランクラスで、最初は自分一人しかいなくて貸切状態だった。
盛岡あたりで人が乗ってきたようだけど寝ていてよくわからなかった。

軽食はやはり和軽食にした。
上りは東北・北海道編ということで行きと違うメニュー。

帰りは帰るだけなので飲み物はスパークリングアルコールにした。
2種類から選べることができたのだけど、ちょうど青森に行っていたのでアオモリシードルにした。

おつまみと茶菓子は下りと同じだった。

グランクラス和軽食 東北・北海道編 


途中、睡眠と覚醒を繰り返しつつ大宮に到着。
降りる時に見たら、グランクラスには自分を含めて4人しかいなかった。

その後は、夕食は自分で用意することになっていたので、駅中のお店を見てたら崎陽軒のシウマイ弁当があったので買って帰った。

ということで、今回の旅行は終了。


今回は、2日目に弘前ねぷたまつりを観に行くということで、2日目の活動時間が多くなって、ついでにドラクエXの6周年カウントダウンに参加したりしたので睡眠時間が少なくなり、バテてしまって最終日は特に外を見て回ったりしなかった。

去年はどうだったかなと確認したら、去年の松江・出雲旅行も7月31日から8月2日までの旅行だったので、2日目はドラクエXの5周年のカウントダウンに参加して2時近くまで起きていた(外から戻ってきたのは18時とかだったりしたけど)。

で、次の日はホテルをチェックアウトした後すぐに空港に向かって、空港でダラダラしていた…

年に1回くらいしか泊りがけの旅行に行かないから、つい夜更かししたりしてしまうので、帰る日はまったり過ごしてしまう。

まぁ、どこかに行かないといけないという決まりはないから、好きに過ごしていいんだけどね。

夏で外を歩き回るのはつらくなってきたしな~

でも、夏季休暇は基本この時期だから体力のつづく限りは旅行に行くかな。
体力か続かなくても、電車に乗ってるだけとかにすれば暑くないから大丈夫かな。

ということで、来年は西方面かな。
一応、少し当たりはつけているけど、実際行くかどうかは来年になってからだな~
タグ : 旅行

■青森旅行2日目

青森旅行2日目。

朝は7時過ぎに起きて、出かける準備。

昨日コンビニで買っておいたサンドイッチを食べて、出かける準備をして、9時50分頃ホテルを出る。

天気は曇りで、関東のようにすごい暑いわけではないので大丈夫かな~ということで、このまま弘前に行くことにした。

前日に下調べをしてなかったのが良くなかったのだけど、9時52分に弘前に行く電車は出てしまっていて、次は10時40分だったので、駅でかなり待つことになった。

仕方がないので駅にあったカフェで時間を潰して10時40分の便で弘前へ。

弘前では観光スポットが弘前城のある弘前公園の周辺にあり、土手町循環100円バスが運行していて、1回100円でバスにのることができる(1日乗車券もあり大人は500円。循環バスは土手町循環以外もある)。

ちょうど昼食時なので、事前に目をつけておいた大正浪漫喫茶室へ向かうため、土手町循環バスに乗り、市役所前で降りて、藤田記念庭園へ。

藤田記念庭園の中を見るには入場料が必要だけど、大正浪漫喫茶室は入り口のところにあるので無料で入れる。

大正浪漫喫茶室は、大正時代当時のままの建物の中で食事ができる。
サンルーム席があり、窓から庭園を眺めることができる。

アップルパイがオススメらしいのだけど、昼食時だったのでりんご入りカレーを注文。

カレーの中にりんごの欠片が入っていて、某カレーが、「りんごとはちみつ恋をして~♪」って言っている(た?)くらいだけあって、りんごが入っていても問題ない。

何も考えずに食べてるとりんごの食感しか感じないけど、りんごを意識して食べると、りんごのかけらを噛む時に、カレーの辛さの中にりんごの甘さをかすかに感じた。

その後は、藤田記念庭園の中も見ていこうかと思ったけど、入場料を払う窓口の販売員の人が、休憩か何かでいなかったので、無理して見る必要はないかなということで移動。

市役所前のバス停の方に行くと大きな建物があり、弘前市立観光館だった。

1階は売店などがあって、2階は津軽塗の展示があった。
津軽塗の48の工程を1つ1つ実物で展示されていた。 

隣には弘前市立山車展示館もあり、弘前八幡宮祭礼の山車や津軽剛情張大太鼓を保存展示していた。

どちらも無料で入館できる。

その後は、近くにある旧弘前市立図書館に寄った。
中に入ることができ、古いので気をつけてくださいとあるが椅子に座ったりもできるようだ(自分はしなかった)。

その後は、側にあるミニチュア建造物群を見た。
明治、大正時代に建てられた弘前市内の建築物が10分の1サイズで再現されている。

直前に見た旧弘前市立図書館のミニチュアもあった。

その後は弘前城を見に弘前公園へ。

弘前城は石垣の修理のため工事中で、江戸時代に建てられた天守は曳屋により移動中。
2021年に修理が完了してもとに戻る予定らしい。

石垣の工事の様子は見ることができた。

本丸や北の郭は有料区域となっていて、無理して入ることもないかと思い入らずに出た。

関東の様にサウナの中にいるような感じではないけど、暑くて疲れたので、どこかで休憩したいなと思い、循環バスで弘前駅に近い商業施設のヒロロまで移動。

弘前公園の周囲にも喫茶店みたいなのはあるにはあるのだけど、一人で長時間居座るのは気が引けたので、商業施設のカフェ的なところに入ろうかと思い移動した。

ヒロロにはフードコートがあって、そこそこ空いていたので心置きなくジュースを飲みながら少し休憩して、夕方の弘前ねぷたまつりまでの過ごし方と、帰りの道を地図で確認。

最初は運行ルート上で適当に見ようかと思っていたけど、調べていると有料観覧席なるものがあることがわかり、一部はチケットぴあで販売するということで、発売日にコンビニで購入しておいた。

バスで移動する際に、運行ルートを通ったのだけど、歩道にガムテープや椅子で場所取りをされていたので、有料観覧席を買っといて良かったと思った。

弘前ねぷたまつりは、8月1日~4日、5・6日、7日で運行ルートが異なり、8月1日は弘前公園近くの桜大通りから土手町を通るコースで、有料観覧席は出発地点である桜大通りに設置されている。

弘前ねぷたまつりのため、ルートになっている部分(当然有料観覧席がある場所も)が、15時40分過ぎに土手町循環100円バスが通らなくなるとのことだったので、ヒロロを15時過ぎに出て、土手町循環100円バスに乗って有料観覧席近くのバス停で降りた。

有料観覧席の開場は17時30分からだったけど、とりあえず場所を確認した後は、再び弘前市立観光館へ。

弘前市立観光館の閉館時間は18時(まつりのときは延長もあると記述があった)だったので、とりあえず中の椅子に座ってKindleで読書をしたりしながら時間を潰した。

17時少し過ぎに外に出たら、準備中のねぷたが道路に並んでいた。
テレビ局らしき人が来て取材をしていたりもした。

有料観覧席の受付の近くに行って、17時30分の受付開始になったらチケットを出して席へ。
その時にうちわと350円の弘前のガイドブックとりんごジュースをもらった。

席は桜大通りの歩道部分に椅子を3列ほど並べて観覧席、自分のいた方の後方には桟敷席が作られていた。

向かいの方は、後ろが公園なので桟敷席はなく、椅子を置く場所の一部に少し高い小屋を作って審査席としてたり、放送席が置かれていた。

自分は、その審査席の向かい側の席で1列目。
片側は木があって席が置かれていないので、意外と広々と使えるし途中で出たりするのも楽そうな感じだった。

運行開始は19時からだけど、18時からは津軽情っ張り大太鼓の模範演技と試し打ち体験が行われた。

津軽情っ張り大太鼓 


18時30分からは出陣式ということで、何かすごいことをするのかと思ったら、来賓のスピーチと、来賓で参加している人の名前を読み上げるだけで、少し退屈だったかな(必要なんだとは思うけど)。

19時からはねぷたの運行開始。

ねぷたは大中小の数種類くらいあって、小さいのだと直方体などにに串が挿したような一人で持てるやつがあった。

中くらいのだと金魚のねぷたもあったり、大きいのでも団体のシンボルとかは直方体とかオリジナルな形のものがあったけど、基本は土台は四角でその上に扇形をした物が乗っている。

青森のねぶたは立体の像が乗っているものが多いけど、弘前のねぷたは扇型の本体に絵を描くというもので、表は鏡絵と言い全面に絵を書いており、裏は見送り絵と言い中心に四角額縁がありその中に人物絵を書くというものが基本らしい。

このブログを書くにあたってネットで調べてみたところ、弘前ねぷた保存基準というものがあり、ねぷたの形状や絵の種類も決められており、ねぷた絵の分類は大きく3種類(中国物、日本物、仏関係)と決められているようだ。

あと、青森ねぶた祭は雨の場合でもねぶたにビニールを被せて運行するけど、弘前ねぷたまつりのねぷたは大ねぷたの場合に上に人が乗るためビニールを被せることができないので延期とかになるそうだ。

8月1日と2日は参加団体が半分ずつ運行して審査する日で、自分の席は審査席が向かいだったので、アピールのために審査席の前で回転させたりする。

そのおかげで、目の前で巨大なねぷたが(中型は台車ごと回転させるのだけど、大型は全体が回転するのではなく、乗っている扇形の本体のみを回転させる)回転するところを見ることができて、かなり迫力があった。

小さめのものは縦横無尽に走り回ったりしていた。

有料観覧席は、放送席があって団体などの解説とかもしてくれるので、初めての人にはいいかもしれないと思った。

弘前ねぷた1 

弘前ねぷた2 
弘前ねぷた3 
弘前ねぷた4 


青森に帰る電車の時間もあったので、20時30分過ぎに離脱。
途中、運行が終わったねぷたが戻っていくところに遭遇したりしながら弘前駅へ。

青森駅に着いたのは22時過ぎ、主だった飲食店は閉まっているので、初日に街の中を歩いた時に2時まで営業していることを確認しておいたガストで夕食。

その後、ホテルに戻って風呂に入り、ドラクエXの6周年カウントダウンに参加して、落ちたあともダラダラしてたら2時過ぎていた。

荷物の整理を多少しつつも、多くを明日に先送りして寝た。

明日は帰る日。
頑張ればどこか1ヶ所くらい行けそうだけど、どうするか悩む。

タグ : 旅行

■青森旅行1日目

夏季休暇恒例の旅行
今年は、青森へ2泊3日の旅。

いつの間にか定着して、1年おきに関東から北に行く年と西に行く年が交互になって、去年は松江・出雲ということで西に行ったので、今年は北の青森へ。

青森は、中学か高校の時に家族旅行で車で函館に行く時にりんごを買ったという記憶がある。

3連休とかだったと思うので11月だったのかは確かじゃないけど、10月か11月でも寒くて、函館の朝市に行ったときは、暖房をつけた車の中なのに寒くてジャンパーとかを着込んでいた記憶がある。

何年か前のときにも青森に行こうかと思ったけど、ちょうど青森ねぶた祭の最中で、祭りですごい混んでそうだから、宿とか取るのも大変そうだし止めとこうかなということで、別の場所にした記憶がある。

で、今回はとりあえず青森ということで決めておいて、日程の調整をした。

最近は、大体月曜日から水曜日にすることが多いのだけど、今回はドラゴンクエスト夏祭りが無料で入場できて7月29日の日曜日に開催されることがわかったので、1日開けて7月31日の火曜日の出発にした。

これで、日程は7月31日からの2泊3日と決まった。
調べてみたら青森ねぶた祭は8月2日からだったけど、8月1日からは弘前ねぷたまつりがあることを知って、8月1日は弘前に行って弘前ねぷたまつりを観るのもいいかな~と漠然と思い手配を開始。

東北方面は、飛行機より40分で行ける大宮から東北新幹線に乗るほうが楽なので、宿と新幹線は別々で手配。
夏季休暇の日程が確定した6月27日にすぐに宿を手配(事前に日程は提示されるのだけど、社内での日程の変更がある場合の申請の期限がある)。

新幹線の予約は30日前からなので、片道ずつ30日前になった日に手配した。

いつもはもう少し後になってから手配していたのだけど、今回は早めに動いといて正解だったようだ。
新幹線に関しては問題なかったかもだけど、宿に関しては青森でも7月になったらお手頃なところは無くなっていたみたい。

あともうひとつ事前に手配していたものがあるのだけど、それはこのブログの流れの中で記載することにして前置きは終わりにしよう。


朝は8時過ぎに家を出て、9時前に大宮に到着。
新幹線の時刻は10時なんだけど、不測の事態に備えてね。

時間までは待合室で読書して過ごして、10時発のはやぶさ11号で新青森へ。

今回は、青森であまり食事にお金を使うつもりはなかったので、グランクラスでゆったり。
北陸新幹線と同じで、軽食(和軽食か洋軽食)と茶菓子とおつまみと飲み物が提供された。

今回も和軽食にした。
軽食は下りは東京編となっており、上りとは異なるメニューだったりするので、行きと帰りで異なる味を味わえる。

飲み物は青森で少し歩き回るつもりだったので、アルコールではなくりんごジュースにしておいた。

茶菓子は、箱が北陸新幹線の赤系統に対して緑系の色の箱になっている。
中身はグランクラスオリジナルパウンドケーキなのだけど、福島県産若桃を使用したものになっていた。

グランクラス和軽食 東京編 

グランクラスオリジナルパウンドケーキ 


大宮以降の停車駅は、仙台、盛岡、新青森と3駅で新青森へ。
途中からは主に山の中を通っていて、盛岡から青森の辺りはトンネルに入っている時間も長かったりする。

新青森には12時35分に到着し、12時49分発の奥羽本線で青森へ。

12時55分で青森駅に到着。
ホテルのチェックインは15時で申請していたので、青森駅のコインロッカーに荷物を預けて周囲を散策。

青森駅は海の近くにあって、青森ベイブリッジという橋が通っているので何か垢抜けて見える。

まずは、駅前のねぶたの家ワ・ラッセに入った。

青森ねぶた祭りの歴史が解説されており、実際のねぶたも展示されていた。
一部は作りかけのものが展示されていて、実際に手で触ることができたりもする。

その後は青い海公園を歩いて、青森県観光物産館アスパムへ。

途中、ねぶたワ・ラッセランドとして、5月下旬から8月7日までは青森ねぶた祭りに出陣する大型ねぶたの制作小屋が立ち並んでおり、ねぶた祭り直前ということで完成したねぶたが公開されていた。

その中にファイナルファンタジーXIVとコラボしたファイナルファンタジーXIVねぶたとして、チョコボねぶたとモーグリねぶたがあった。

チョコボねぶた 

モーグリねぶた 

その後は、アスパムに入って気になったお菓子などを買ってしまった。

アスパムを出た後は、まだ15時まで時間があったのと、アオモリシードルのお酒を買おうとA-FACTORYに行くために、再び青森駅の方へ。

A-FACTORYの先に八甲田丸という黄色い船が停泊していて、少し気になったので行ってみたら、中を見学できたので入ることにした。

今となっては青函トンネルがあるので、電車はそのまま北海道に行けるけど、それまでは青函連絡船で、船に貨物車両を北海道まで運んでいたのだそうだ。

で、その青函連絡船だった八甲田丸を就航当時の状態に係留保存して内部を見学位できるようにしたものらしい。

内部では、昔の青森の様子を人形で再現した展示があったり、船長室などを見ることができたり、車両甲板では鉄道を内蔵した状態を見ることができた。

その後は、A-FACTORYで買い物をしたり、青森産のりんごを使ったジェラートを食べたりした。

そうこうしているうちに15時になったので、駅のロッカーから荷物を取り出してホテルへ。

今回泊まるホテルは青森国際ホテル。
結婚式場などもあるところで、施設としては少し古い感じ。

オートロックだけど、普通の鍵なので出かけるときはフロントに鍵を預けないといけない。

駅から程よい近さにあるのと、ネット完備でチェックアウトが12時までOKなプランがあったので選択した。

関東ほど暑くはないといえ、歩き回って汗だくになっていたので、シャワーを浴びて休憩し、17時過ぎに夕食を食べに外へ。

夕食は、青森県のご当地ラーメンとして有名な煮干しラーメンが食べたいと思い、青森駅前の長尾中華そばにした。

店の前の券売機で食券を買って中にはいるスタイルで、数種類のスープから選べたのだけど、煮干しの味を味わいたいと思い、こく煮干しにした。
麺も数種類から選べるのだけど、別にラーメン通でもなくてよくわからないので、なんとなく中太麺にした。

出てきたものは、こく煮干しだけあって、煮干しの味がかなり分かる感じの濃いめのスープだった。

ご飯は無料で、スープを半分くらい残してご飯を入れて食べるのがおすすめという説明漫画が貼ってあったけど、そこまでガッツリ食べなくてもいいかなということで、ご飯は入れなかった。

その後は、青森駅周辺の大通りの商店街部分を歩いて、コンビニでお酒や朝食などを買って(宿は朝食なしのプランだった)18時前に帰ってきた。

夕方になって多少は涼しくなったけど、まだあるき回ると汗をかく感じだった。

夜は風呂に入って、ドラクエXを少しプレイ。
なんか眠気が強かったので、ほとんどプレイせずに終了(半分以上放置していたかも)。

その後はテレビなどを見つつ、お土産で買ったお菓子を食べたり、コンビニで買ったお酒を飲んだりしながら、このブログの下書きを書いたりしていた。

あとは、次の日の計画。

弘前ねぷたまつりを見る予定なので、いつもより遅く帰ってくることから、朝から弘前を見て回るかどこか涼しいところである程度まで休憩してから弘前に向かうかとか悩んだけど、明日になってから決めようということで、1時過ぎに寝た。

ということで2日目につづく
タグ : 旅行

カレンダー

07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttp://twitter.com/Hi_Ta

GoogleAdSense

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト














 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

QRコード

QR