FC2ブログ
■音楽

■回=回 東京公演1日目、2日目/核P-MODEL

今回は2日分をまとめてみた。

今週の金曜日、土曜日(11月16、17日)にZepp Tokyoで公演された、核P-MODELのライブ「回=回(Kai equal Kai)」の東京公演に2日共参加してきた。

このライブは核P-MODEL(といってもメンバーは平沢進だけ)の3枚目のアルバム「回=回」のリリースした記念(?)のライブで、9月に大阪でも2日間公演された。

1日目は18時開場、19時開演で、グッズの先行販売は15時からだったのだけど、メモリアルカードだけ買えればいいかなと思ったので、16時30分すぎに行ったらすでに大行列ができていたので諦めた。

グッズの先行販売は17時30分に一旦中断となって、開場後に会場内での販売となった。

開場は5分位遅れたが、整理番号順にスムーズに入場。
自分は番号が10XX番だったのだけど、ドリンクを早めに交換してくださいというスタッフの声があったので交換して、グッズの販売所に行ったら空き空きだったので、グッズを購入してフロアに入場。

そこそこ前方の中央のバーのあたりの2列めに陣取ることができた。

開場が遅れた分くらい押して開演。

ステージは、バックに「回=回」に形どられたスクリーン(「回」の中央にはライトが仕込まれていて、極稀に発光)があり、左右にサポートメンバーの白会人のブースと中央に平沢進のスペースとなっていた。

白会人ブースは共通で8×8のパッドが2つ設置されていて、それを椅子に座りながら押して操作する。
左に白鶴(TAZZ)で、その他にベースとキーボードを演奏し、たまにカメラを操作していた。
右に白松(SSHO)で、その他にはギターを演奏していた。

平沢進のスペースには中央にスタンドマイクが設置されており、左にはノートPCが置かれていて、右後方にはミキサーコンソール(?)、後方にはギターが設置されていた。

ここ最近は、嫌いだと言っていたギターをメインというか、今回はギターしか演奏してなかった。

中央のスタンドマイクはスタンドに取り付けられていたスクリーンを見るための物のようで、ヘッドセットマイクを付けているので、絶対スタンドマイクの場所で歌わないといけないというわけではなかった。

大阪公演では1曲目はP-MODELのカバーから始まるので、今回は何かと思ったら「いまわし電話」だった。

基本、回=回の曲をすべてやりつつ、これまでの核P-MODEL曲を織り交ぜて演奏。

曲の多くは、CD音源のイントロの前にさらに前奏が追加されており、どの曲か予想のつきにくいものもあった。
その間に、平沢進は水を飲んだり、ギターのチューニングをしたりしていた。

ちなみに、白会人は頭をすっぽり覆う黒のフェイスマスクに、白のペストマスクと言う出で立ちなので、公演中に水を飲むこととかはできなくて大変そうだった。

「Big Brother」や「Gipnoza」、「遮眼大師」のノリノリ曲では始まると歓声が上がった。
他には、ギターソロになると歓声があがった。

また、「回=回」では振りがあって、平沢進がギターの先端を観客に向けると、その方向から歓声が上がったりしていた。

で、13曲目には、大阪では1曲しかやらなかったP-MODELカバー2曲目の「Zebra」を演奏。
大阪公演2日目で演奏されたもの。

「PLANET-HOME」で本編は終了し、小休止の後少しMCがありアンコール。

MCでは追加公演のことなどに触れ、白会人の紹介。
白会人は前回のライブ「第9曼荼羅」の会人と名前は一緒だけど中身は別であると言っていた。

アンコール1曲目は全公演共通の「白く巨大で」で、ラストは「それ行け!Halycon」だった。

「それ行け!Halycon」の間奏の白鶴(TAZZ)によるキーボードソロでは、P-MODELの曲の一節を演奏して盛り上がるのだけど、今回は「サンシャイン・シティー」と「Heaven」だった。

そんな感じで、1時間30分があっという間に過ぎていった。


2日目は17時開場で、18時開演と前日より1時間早くなっていたのだけど、風が吹いていたので1日目より寒く感じた。

開場までの待期の仕方が1日目と変更されており、多少スムーズに入場できるようになっていた。

グッズの先行販売は、開場30分前になってもやめること無く続けられるように変更されていた。

2日目は900番台と、1日目より多少早い番号だったけど、前日と同じ位置はすでに埋まっていたので、後ろの方でバーにもたれることができる場所にした。

開演近くなって人が入ってきたら、前に背の高い人が来て、ステージが余り見ることができなくなってしまった…
(配信のトラブルで、いつもはされないアーカイブを一時的に残してくれたので、家に帰ってからそれを見て補完していた)

1曲目は、まさかの「2D OR NOT 2D」。
観客の歓声も大きかった。

1日目と同様に、ギターソロなどで歓声が上がりつつ、13曲目にP-MODELカバー2曲めの「OH!MAMA!」。
これは大阪公演の1日目で演奏されたもの。

あと1日目と異なっていたのは、「それ行け!Halycon」でグリップに棒がついたものを振り回して、ステージ上を歩きながら歌っていた。

振り回してたものは、棒の先端にグリップの方向に向いたカメラが付いているらしく、アンコールのMCで面白い映像が撮れて、しばらくするとみんながこぞって使うかもしれないと言っていた。

アンコールは「白く巨大で」と「109号区の氾濫」だった。


何か1日目は歌い出しとかが聞こえにくいところがあったけど、ネットで見ると声の調子が良くなかったみたいだという書き込みとかがあった。
2日目はそういう事はほとんど無く聞こえてきた。

あと、少し気になったのは、たまに後ろのスクリーンの「=」の上の線に映像切替ソフトのダイアログっぽいものが表示されることがあった。
1日目は何度もあったけど、2日目は1回だけだったと思う。

ちなみに1日目と2日目で共通していたのは、アルバム「回=回」の曲と「Big Brother」、「Gipnoza」、「それ行け!Halycon」、「白く巨大で」、「109号区の氾濫」で、日替わり曲は3曲だった(共通する曲も日によって演奏順が変わっていた)。


今回のZepp Tokyoの収容人数は2700人とのことで、ここに来てだんだん規模が大きくなっていって、追加公演の豊洲PITの周到人数は3000人とか。

あんまり大きくなっていくと、ステージも見えなくなってくるので、メジャーになっていくのも複雑な気分だったりするのだけど、継続して新作をリリースしたりライブをしたりしてくれるのはありがたい。

追加公演も楽しみだ。
スポンサーサイト

■初音ミク「GIRL/TM NETWORK」を公開

今回は、TM NETWORKの「GIRL」をカバー。

「GIRL」は、3枚目のアルバム「GORILLA」に収録されていて、シングルにもなった曲。

前作(「おやすみ☆LOVER」)からは1ヶ月も間を開かずに公開できた。

TM NETWORKのカバーは前作の「COME ON EVERYBODY」からは1年9ヶ月の間が空いている。

原曲のAメロの「たんたんたん、たたーんたん」というフレーズを左右に分離したいという欲求が以前からあって、「おやすみ☆LOVER」の完成後あまり間を置かずに制作を開始。

最初は週末で作業していたけど、今週は完成が近いということもあって、平日の夜もゲームをほとんどせずに作業して、今日公開することができた。

アレンジは、いつものトランス系音源を多用しつつ、原曲にもあった透明感を大切にして制作したつもり。

で、今回はなるべく付点8分×2+8分の2泊3連(「たーんたーんた」)を使用しないように心がけた(全く使用していないわけではない)。

もともと原曲で「たたん、たたった」のリズムが刻まれているので、そちらを大切にした。

あと、スネアドラムの音色が、最近同じようなのばかり使っている気がしたので意図的に違う毛色のものにしてみた。

ボカロに関しては、所々譜面ではなくて原曲っぽくタイミングをずらしたりしてみた。

あとは、今回は1つのフレーズも複数の音源を重ねてたりするので、トラック数がそこそこ増えた。

最初は問題なかったのだけど、ミックスの段階で各音源にイコライザなどのエフェクトをバンバン付けていたら、負荷がかかりすぎて音が出なくなったりしてしまった。

ソフト音源をフリーズ(音声ファイル化)したら負荷が下がって問題なく再生できるようになったので、作業を続けることができた。

ということで、よかったら聴いてくださいな。







 
タグ : 音楽 DTM

■初音ミク オリジナル 「おやすみ☆LOVER」を公開

前のオリジナル曲は2月3日公開だったので7ヶ月と20日くらいの間が空いてしまった。

今作からはYouTubeとニコニコ動画の両方に投稿となる(予定)。

YouTubeへはニコニコ動画に公開した過去作も少しずつ移していく予定なので、次第にコンテンツが充実していくかと思います。

今回の「おやすみ☆LOVER」は、最近ゆっくりめの曲を作ったからアップテンポな曲をやりたいな~というところから制作が始まった。

ということでテンポは145にして、イントロなどでのスネアが3種類鳴るイメージが出てきたのでその部分から取っ掛かりにしていった。

で、構成していたら、Aメロがサビっぽいな~と思ったので、サビの繰り返しのあとにAメロを持っていって終了という変則的な構成になった。

サビのベースラインがメロディアスなのは、この前に作ったJEWERLY ANGELのカバーの影響かも。

その他のアレンジに関しては、最近のひ~たサウンド全開かな~

作詞に関しては、最初はもっと別なイメージだったのだけど、うまく行かなかったので、以前公開したWeekend Syndromeみたいな方向性になったw

タイトルは、「「おやすみ」と恋人に言っているような感じだと思って聴いたら、全く違うじゃないか!」と思わせるのが狙いでこうなりましたw

ということで、よろしかったら聴いてみてください(ちなみに動画の猫の写真はフリー素材サイトで入手しました)。







 

タグ : 音楽 DTM

■初音ミク「JEWELRY ANGEL/access」をニコニコ動画に公開

日曜の深夜(時間的には今日)に、ニコニコ動画に初音ミクに歌わせたaccessのJEWELRY ANGELを公開した。

accessのカバーは2013年6月のSWEET SILENCE以来なので5年近く振りだけど、前作のオリジナル曲を公開してから1ヶ月しか経過してない。

この曲は、1993年にリリースされたaccessの2ndシングルに当たる。

DTM環境を移行して、Cubase Pro 9.5での初作品。

アレンジについては、原曲の特徴的なベースラインを用いて、トランス系の音色を多用した疾走感のあるアレンジになっていると思う。

そもそも打ち込むにあたっては、イントロのピアノ、原曲のベースラインを使う、ラストのサビ部分での裏のコーラスを入れるというのだけは漠然と決めていた。

原曲のベースラインは意外と曲者で、最初はドラムを鳴らさずに歌に入ろうとさせていたけど、ガイドメロディで合わせた所、なんかおかしい感じがした。

多分、Aメロの始まりが、8分休符の後から始まるのと、ベースラインの関係で、小節の最初がつかみにくくなっているのではないかと思ったので、バスドラとスネアを入れてみたところ、おかしい感じがしなくなった。

ラストのサビ部分での裏のコーラスは、手元にあったバンドスコアにも記載されていなかったので、苦手な耳コピをした。

まずは、なんと歌っているのかを原曲を聞いて把握して、その後はメロディラインを耳コピした。

しかし、複数の音程でコーラスが重ねられているのでよくわからなかったので、とりあえずコードの構成音でそれらしいメロディを付けて音を重ねてみたら、それらしくなったので採用した。


Cubase Pro 9.5のお試しということで作ったのだけど、いろいろ不具合みたいなのはあった。

まずは、この曲でも多用しているトランス系音源のSUPERWAVE Trance-Proが、ファイルを開いても音源がロードされていないみたいで、ファイルを開くごとに音源の設定を開かないといけなかった。

あとは、ほとんど使ったことがなかったある音源を使用しようとしたらCubaseが固まった。

他には、ボーカロイドのエディタのピアプロエディタが固まることがあった。
こちらは、エディタが固まった状態でファイルを保存して、ファイルを開き直せば問題なかった。

これは、今回ピアプロエディタが最大16トラック使えるうちの13トラックを使用していたから重くなったのかもしれない。

PCへの負荷の点では、意外とCPU使用率が高くなるな~と思ったけど、ミキサーの演算を32bitから64bitにしたり、プロジェクトの音質を16bit 48kHzから24bit 96kHzにしたりしていたので、以前の数倍の演算が必要なので妥当なところかな。

まぁ、ハイレゾで配信することはないので、24bit 96kHzで作る必要はないんだけどね。

ということで、よかったら聴いてくださいな。



 

タグ : 音楽 DTM

■初音ミク オリジナル 「Blue Sky In Your Eyes」をニコニコ動画に公開

前回ニコニコ動画に投稿したのが、2017年1月のCOME ON EVERYBODY(TM NETWORKのカバー)だったので、1年と1ヶ月振り。

オリジナル曲としては、前作「ゆめのかけら」から1年半以上空いてしまった。

とは言え、去年は2曲のGet Wildを作ったので、意外とDTMはしていたほうかな。


今回の「Blue Sky In Your Eyes」は元々はiPhoneのメール着信音として作った8小節の曲が原型。

イントロの18~34秒辺りがその原型に近い構成で鳴っているかな。

イントロや間奏以外ではサビの部分も着信音が元になっている(コード進行が同じ)。

なので、最初にサビのメロディのイメージがでてきて、その後AメロBメロを付けていったという感じかな。

AメロBメロともに8小節で1まとまりで、サビが4小節の繰り返しで、最後に4小節のおまけ。

ドラムがキックが1拍目、スネアが3拍目になっているので、ゆったりした感じになっていると思う。

ベースは、自分の環境ではBメロだけやけに響いて聞こえる。
ある程度は、他の部分のベースの音も強調したのだけど、まぁ、これはこれでいいかということで、この形へ。

オリジナル曲としてはここ数曲は、全体的に透明感があると言われそうな感じで雰囲気が似ているのかな。

ボーカロイドは、初音ミクV3を使用している。

何となくダブル感を出す(実際は出ていない)ために、メイン(ほぼ素)、メイン2(ミクのアペンドを使用。クローニングエフェクトを使用して増やした)を混ぜ合わせて、さらに1オクターブ低いものをごく少量混ぜてもいる。

コーラスも多少はいつもよりは凝ったことをしてたりする。

今回は以前個のブログで書いたけど、MS処理を試してみた。
ただ、音圧を上げまくると雰囲気が壊れると思ったのでそんなに音圧を上げるような作業はしていない。


詩は、最初に「君の瞳に映る青い空」というイメージが出たので、タイトルを「Blue Sky In Your Eyes」にして、歌詞に「君の瞳の青い空」というものを入れ込んでいる。

あとは、曲のアレンジに合わせるように切ない感じにしてみた。
まぁ、細部はいいかげんなので、解釈は人それぞれでOK。

ということで、よろしかったら聴いてみてください。



 
タグ : 音楽 DTM

カレンダー

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttp://twitter.com/Hi_Ta

GoogleAdSense

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト













 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

QRコード

QR