FC2ブログ
■音楽

■DA LIVE METAVERSE 2019 Cθda growth(1日目)/浅倉大介

今日は、1月19日、20日に公演される浅倉大介のソロライブ「DA LIVE METAVERSE 2019 Cθda growth」を観に、ヒューリックホール東京に行ってきた。

浅倉大介のソロとしては昨年の8月に行われた「DA metaverse beginning θ+」には参加していないので、自分は2016年の「DA METAVERSE 2016 quarter point」以来となる。

ヒューリックホール東京は有楽町駅近くの有楽町マリオンの11階なんだけど、11階というのを見ずにスマホの地図を頼りにして行ったので、最初は見つけられず少し迷ってしまったw

15時50分頃にヒューリックホール東京に到着することができて、14~16時のグッズの先行販売にぎりぎり間に合ったのでパンフを購入。

今回はパンフは4000円。
quarter pointの4500円よりは安かった。

チケットも11000円とquarter pointよりは安かったけど、accessに比べると高め。

開場は20分近く遅れた。
座席は後方だったけど、程よい傾斜があったのでステージへの視界は良かった。
自分の前の席は空席だったのもあるかも。

今回は当日券の案内や、帰る時に2日目の公演のチケットの販売をしていたので、満席ではなかったみたいで、所々空席があった。

まぁ、浅倉大介ソロだし、チケット代を考えると仕方のないことかな。

開演は開場が遅れたためか15分ほど遅れた。

ステージは、開演まではスクリーンで隠されており、そのスクリーンには今回のCθda growthの「θ」を象ったロゴマークが映されていた。

1曲目は、DA METAVERSE最初の曲のDream Ape Metaverseで始まった。

スクリーンが降りたままの状態でイントロが流れて、十字(こちらはELECTROMANCERのイメージ?)と天球儀(天球儀はこれまででも色々使われていた)が映し出され、歌が始まった頃からスクリーンが上がっていくと、ステージのシンセブースに浅倉大介が立っていて、直立不動で歌っていた。

ステージは、背面にさらにスクリーン(LEDではない)が有り、その前に嵩上げされた浅倉大介のブース。
左はシンセスタンドを3つほど設置してあり、右側は後ろにMOOGが設置されており、その前にピアノ(中身はシンセ)があり、ピアノの上にMOOGの鍵盤が設置されていた。
背面のスクリーンは曲によっては膜がかかって隠されていた。

その後は、軽く挨拶があって、Yata - Raven Chronicle。
ステージの左側に置かれていた椅子に女性ダンサーが座り、男性パフォーマーが出てきてパフォーマンス。

その後は、MOOGを使ってのMAGETIC SPRINGで、その後は男性ボーカル(GARIと言うバンドのYOW-ROW(ヨウイチロウと読む))が登場しMEME CRACK。

大ちゃんはサビの部分だけ歌って、YOW-ROWがラップっぽい部分を担当。
原曲ではラップのない部分にもラップを入れたり、サビの部分で合いの手やコーラスを入れたりしていた。

次のWild butteflyでもYOW-ROWは参加していた(他の曲でも登場することがあった)。

その後のevolution、The Transmutersでは伊藤賢一が登場してギターを弾いていた。
この人がギターを弾くと、すごくロックになるんだよね。

その後はMCで、今回のライブをCθda growthとした理由などを説明。
時代の変わり目だけど、終りがあるからまた次があるとか。

MC後は、好き勝手に Cθda growthの世界を音で表現したいと言って、MOOGを使ってのソロ。
木星や展覧会の絵などのクラシックのフレーズからのTMNのTIME TO COWNTDOWNのイントロピアノフレーズからQuantam Mechanics Rainbow Ⅳ、THE ELECTROMANCERを演奏。

その後は新曲かな?
特に説明はなかったけど、ポップな曲でサビの部分はスクリーンに歌詞が表示されていた。

この後は大ちゃんの休憩時間。
スタッフがMOOGのチューニングをした後は、Platonic Compileに合わせて、パフォーマーと女性ダンサーのパフォーマンス。

後半最初の曲は、MOOGを使用してのOuranus -te・n・ku・u-、曲名は知らない曲。

その後はtopology、march hare。
march hareではお馴染みのウサミミをつけた女性ダンサーが登場し、ぴょんぴょんで盛り上がっていた。

その後はPANDORA曲のShining Starを演奏。

その後は、伊藤賢一とYOW-ROWが登場しCAUTION!。
ポップな雰囲気から一変した。

YOW-ROWのボーカルが入ったので、これまでのCAUTION!から雰囲気が変わって新しい感じだった。

その後は、The SeekerのFortlessを大ちゃんのボーカルで演奏。

そして、Red Coder "anemone"、THE ELECTROMANCERで終了。

背面のθのロゴマークが、音楽記号のコーダマーク(円に十字が入った記号、ヴィーデとも言うらしい)に変化した。

曲の終わりへと向かうという意味があり、最後にコーダマークの部分を演奏するということなので、一つの時代が終わるということを示したかったのかな。

アンコールはMCの後は、Puppet Master、Danteroidの2曲。

伊藤賢一がギターで参加したり、男性パフォーマーの方が登場したりした。

最後は、サポートメンバーの紹介をして終了。

大ちゃんはどの曲で何を演奏してたかは確証がないので書かななったけど、シンセブースで演奏する以外では、KX5だったりギターを演奏していたりすることもあった。

accessと違ってソロはソロでまた違った趣があって面白いし、MOOGの音は他のシンセを圧倒する太さがあるので、またソロライブがあったら行きたいな。

スポンサーサイト

■回=回 追加公演/核P-MODEL

今日は、豊洲PITで公演された、核P-MODELのライブ「回=回(Kai equal Kai)」の追加公演に行ってきた。

昨年の9月の大阪公演、11月の東京公演に続く追加公演。

11月の東京公演は2日共参加しているので、主だった内容はそちらの記事(回=回 東京公演1日目、2日目/核P-MODEL)を参照してください。

豊洲PITには16時30分過ぎに到着。

グッズ販売は14時から開始されていたためか、一部売り切れは出ていて、待ち時間はなくメモリアルカードを買うことができた。

グッズ販売は屋内だったのだけど、リハーサルの音漏れが聞こえてきていた。

開場は17時30分の予定だったのだけど、実際は20分近く遅れての開場。

自分の整理番号は600番台だったのだけど、会場のキャパがスタンディングは3103名とされているので、良い番号の部類に入る。

速攻でドリンクを交換して、見る場所を確保。

真ん中から少し左寄りの、最初の段差があるバーの2列目に立つことができた。
おかげで、前を遮るものがなくステージを見ることができた。

ステージは、これまでと同じ感じだけど、東京公演の時はなかったと思われる会人ブースが底上げと、平沢進ブースの後ろにお立ち台が設置されていた(東京公演はステージが見にくい部分もあったのでもともとあったかもしれない)。

開演は15分程度押した。

1曲目のP-MODELカバーは回収船。
これは今回のライブタイトルの回=回にちなんで「回」が入っている曲ということなのかな?

その後の曲順は13曲目がTimelineの東になっていた以外は、東京公演2日目と同じだった。

途中、赤いギターを構えた時にストラップがちゃんと付いてなかったのか、つけなおしたりすることがあったり、ペットボトルの水をこぼしたりしているのも見ることができた。

それ行け!Halyconでは、東京公演2日目で使ったグリップに棒がついていてその先にカメラが付いているものを、今回も振り回していた。

ただ、前回の時にカメラをマイクにぶつけてレンズが割れた(昨年12月22日のBSP(YouTube)で話していた)のを避けるために、回し方は前回に比べて控えめになってたかな。

あと、頭上でぐるぐる回すだけでなく、棒の途中を握って支点にして縦に回転させてみたり、会人を写してみたりしていた。

HUMAN-LEで本編が終了した後、出囃子が鳴りつつ平沢進が話しながら登場し、OH!MAMA!、いまわし電話の2曲の連続P-MODELのカバー曲でアンコールは終了。

今回は、東京公演で見ることができた、モニターに映像ソフトの切り替えメニューが表示されることもなかったな。

あっという間の1時間30分で楽しかった。

次回はソロかな~
またライブをしてくれるといいな。

■access TOUR 2018 Heart Mining(舞浜アンフィシアター1日目)

今日は、12月1日に埼玉から始まったaccessのライブツアー「access TOUR 2018 Heart Mining」を観に舞浜アンフィシアターに行ってきた。

今回のツアーは追加公演の中野サンプラザが、追加なのに途中の12月9日に行われるという不思議なスケジュール。

ツアータイトルに「Heart Mining」とある様に、最新アルバムの「Heart Mining」を引っさげてのツアーなのだけど、アルバムのリリースは去年の12月20日だったりする。

舞浜には16時過ぎに到着。
舞浜アンフィシアターはディズニーリゾート内にあり、イクスピアリを通って向かう。

グッズ販売は、ぱっと見た感じ混雑も無いようだった。
自分はライトを買おうか悩んだけど、ハート型で汎用性がないし、2016年のキングブレードがあるからいいかなと思って買わなかった(去年はキングブレードだったから去年も買ってなかった)。

開場は17時15分だったけど、準備に手間取ったようで少し押して開場。

アンフィシアターのステージは半楕円で奥行きがあるため、その周囲に座席があり、真横などからも見ることができる。
ステージ近くがアリーナ席みたいな感じで、遠くなるとスタンド席な感じでかなり傾斜があるので、後ろの方でもステージが見やすかった。

ステージセットは上部にに5枚の縦長のLEDパネル。
奥にはお馴染みとなっている高くなった部分に階段があり、今回のHert Miningのハートの中にHMが描かれているマークを中心に、無線の電波のような円弧の波紋が左右に5本くらいずつ広がっている。

その前の多少左寄りに大ちゃんのキーボードブース。
右側の奥側にサポートメンバーのスペースで、奥にドラムセットが有り、その前にギターのスペース。
これも去年のブログを見た所、去年と同じ感じだったようだ。

他の公演との兼ね合いや、前方の下からせり上がる仕掛、回転する仕掛けがあるので、セットは縦に長いステージの奥の方にある感じで、前方にスペースが有る感じ。

開場が遅れた分、開演も5分ほど遅れて開演。

オープニングはVertical Innocence (Hert Mining Ver.)で、後方の高台から2人が登場。
そのまま、2曲目のSHARE THE LOVEに入ってMC。

その後は、Crack Boy、SHILVER HEART(binary engin ver. 2007)と続く。

SHILVER HEART(binary engin ver. 2007)では、回転する床を使用してのフリを含めたパフォーマンス。
アンコールのMCで、リハ不足のせいか大ちゃんは1コーラス目はパニクったと語っていた。

その後は、Tragedyを挟んだ後は、新アレンジでNIGHT WAVEとMISTY HEARTBREAKEのメドレー。
どちらも歌い出すまでなんの曲かわからなかった。

その後は、ヒロやサポートメンバーは一時退場して、大ちゃんのソロコーナー。
Cassini(Instrumental)とVoyger(Instrumental)をつなげての演奏が中心だった。

ソロコーナーの後は、Inside me, Inside youで、Missing 4 seasonsだったかな。

その後はSCANDALOUS BLUE。
会場の観客が持っているライトは色が変えられるものが多いので、観客席のほとんどが青くなっていた。

そして、MCを挟んで、ヒロがアコギを持って演奏しながらFriend Mining、大ちゃんのピアノ伴奏だけのloving youとどちらもシーケンサーの入らなかった(Friend Miningはサポートメンバーの演奏はあった)。

この後はこれまた恒例のaccess channnelが挟まれて後半戦。

ステージ中央からせり上がってきて登場し、Heart Miningから始まり、新曲も演奏(アンコールのMCでタイトルはGreatful Circleと言っていた)。

新曲は最近のPerfumeみたいな感じな部分もあったかな。

その後は、Doubt & Trust、Discover Borderlessと続くのだけど、Doubt & Trustで大ちゃんが演奏していたKX5のストラップが衣装の腕の部分に引っかかって、ギターと取り替えるのに時間がかかってしまうというトラブルがあった。

あと、1台のシンセの設定がおかしかったみたく、次のKnock beautiful smile (Hert Mining Ver.)で、ヒロが歌っている裏で、音を小さめに出して修正していた様だった。

その後はJEWERLY ANGEL、MOOHSHINE DANCE、永遠dive (Hert Mining Ver.)で本編は終了。

アンコールは、長めのグダグダMC(これがいいんだけどね)の後にクリスマスが近いということでFairly Snowがあり、最後はおなじみのLOOK-A-HEADで終了。

今回はアルバムHert Miningに収録された曲は、インスト含めて全部演奏してくれたことになる。
Hert Mining収録曲はCD準拠だったけど、大ちゃんの演奏部分で雰囲気が変わっているものもあった。

全体では3時間近くの公演だったけど、途中にaccess channnelの休憩があったりするので観客にも優しい感じでいいんだよね~

来年もホールツアーがあるのだったらチケットを取りたいな~

■回=回 東京公演1日目、2日目/核P-MODEL

今回は2日分をまとめてみた。

今週の金曜日、土曜日(11月16、17日)にZepp Tokyoで公演された、核P-MODELのライブ「回=回(Kai equal Kai)」の東京公演に2日共参加してきた。

このライブは核P-MODEL(といってもメンバーは平沢進だけ)の3枚目のアルバム「回=回」のリリースした記念(?)のライブで、9月に大阪でも2日間公演された。

1日目は18時開場、19時開演で、グッズの先行販売は15時からだったのだけど、メモリアルカードだけ買えればいいかなと思ったので、16時30分すぎに行ったらすでに大行列ができていたので諦めた。

グッズの先行販売は17時30分に一旦中断となって、開場後に会場内での販売となった。

開場は5分位遅れたが、整理番号順にスムーズに入場。
自分は番号が10XX番だったのだけど、ドリンクを早めに交換してくださいというスタッフの声があったので交換して、グッズの販売所に行ったら空き空きだったので、グッズを購入してフロアに入場。

そこそこ前方の中央のバーのあたりの2列めに陣取ることができた。

開場が遅れた分くらい押して開演。

ステージは、バックに「回=回」に形どられたスクリーン(「回」の中央にはライトが仕込まれていて、極稀に発光)があり、左右にサポートメンバーの白会人のブースと中央に平沢進のスペースとなっていた。

白会人ブースは共通で8×8のパッドが2つ設置されていて、それを椅子に座りながら押して操作する。
左に白鶴(TAZZ)で、その他にベースとキーボードを演奏し、たまにカメラを操作していた。
右に白松(SSHO)で、その他にはギターを演奏していた。

平沢進のスペースには中央にスタンドマイクが設置されており、左にはノートPCが置かれていて、右後方にはミキサーコンソール(?)、後方にはギターが設置されていた。

ここ最近は、嫌いだと言っていたギターをメインというか、今回はギターしか演奏してなかった。

中央のスタンドマイクはスタンドに取り付けられていたスクリーンを見るための物のようで、ヘッドセットマイクを付けているので、絶対スタンドマイクの場所で歌わないといけないというわけではなかった。

大阪公演では1曲目はP-MODELのカバーから始まるので、今回は何かと思ったら「いまわし電話」だった。

基本、回=回の曲をすべてやりつつ、これまでの核P-MODEL曲を織り交ぜて演奏。

曲の多くは、CD音源のイントロの前にさらに前奏が追加されており、どの曲か予想のつきにくいものもあった。
その間に、平沢進は水を飲んだり、ギターのチューニングをしたりしていた。

ちなみに、白会人は頭をすっぽり覆う黒のフェイスマスクに、白のペストマスクと言う出で立ちなので、公演中に水を飲むこととかはできなくて大変そうだった。

「Big Brother」や「Gipnoza」、「遮眼大師」のノリノリ曲では始まると歓声が上がった。
他には、ギターソロになると歓声があがった。

また、「回=回」では振りがあって、平沢進がギターの先端を観客に向けると、その方向から歓声が上がったりしていた。

で、13曲目には、大阪では1曲しかやらなかったP-MODELカバー2曲目の「Zebra」を演奏。
大阪公演2日目で演奏されたもの。

「PLANET-HOME」で本編は終了し、小休止の後少しMCがありアンコール。

MCでは追加公演のことなどに触れ、白会人の紹介。
白会人は前回のライブ「第9曼荼羅」の会人と名前は一緒だけど中身は別であると言っていた。

アンコール1曲目は全公演共通の「白く巨大で」で、ラストは「それ行け!Halycon」だった。

「それ行け!Halycon」の間奏の白鶴(TAZZ)によるキーボードソロでは、P-MODELの曲の一節を演奏して盛り上がるのだけど、今回は「サンシャイン・シティー」と「Heaven」だった。

そんな感じで、1時間30分があっという間に過ぎていった。


2日目は17時開場で、18時開演と前日より1時間早くなっていたのだけど、風が吹いていたので1日目より寒く感じた。

開場までの待期の仕方が1日目と変更されており、多少スムーズに入場できるようになっていた。

グッズの先行販売は、開場30分前になってもやめること無く続けられるように変更されていた。

2日目は900番台と、1日目より多少早い番号だったけど、前日と同じ位置はすでに埋まっていたので、後ろの方でバーにもたれることができる場所にした。

開演近くなって人が入ってきたら、前に背の高い人が来て、ステージが余り見ることができなくなってしまった…
(配信のトラブルで、いつもはされないアーカイブを一時的に残してくれたので、家に帰ってからそれを見て補完していた)

1曲目は、まさかの「2D OR NOT 2D」。
観客の歓声も大きかった。

1日目と同様に、ギターソロなどで歓声が上がりつつ、13曲目にP-MODELカバー2曲めの「OH!MAMA!」。
これは大阪公演の1日目で演奏されたもの。

あと1日目と異なっていたのは、「それ行け!Halycon」でグリップに棒がついたものを振り回して、ステージ上を歩きながら歌っていた。

振り回してたものは、棒の先端にグリップの方向に向いたカメラが付いているらしく、アンコールのMCで面白い映像が撮れて、しばらくするとみんながこぞって使うかもしれないと言っていた。

アンコールは「白く巨大で」と「109号区の氾濫」だった。


何か1日目は歌い出しとかが聞こえにくいところがあったけど、ネットで見ると声の調子が良くなかったみたいだという書き込みとかがあった。
2日目はそういう事はほとんど無く聞こえてきた。

あと、少し気になったのは、たまに後ろのスクリーンの「=」の上の線に映像切替ソフトのダイアログっぽいものが表示されることがあった。
1日目は何度もあったけど、2日目は1回だけだったと思う。

ちなみに1日目と2日目で共通していたのは、アルバム「回=回」の曲と「Big Brother」、「Gipnoza」、「それ行け!Halycon」、「白く巨大で」、「109号区の氾濫」で、日替わり曲は3曲だった(共通する曲も日によって演奏順が変わっていた)。


今回のZepp Tokyoの収容人数は2700人とのことで、ここに来てだんだん規模が大きくなっていって、追加公演の豊洲PITの周到人数は3000人とか。

あんまり大きくなっていくと、ステージも見えなくなってくるので、メジャーになっていくのも複雑な気分だったりするのだけど、継続して新作をリリースしたりライブをしたりしてくれるのはありがたい。

追加公演も楽しみだ。

■初音ミク「GIRL/TM NETWORK」を公開

今回は、TM NETWORKの「GIRL」をカバー。

「GIRL」は、3枚目のアルバム「GORILLA」に収録されていて、シングルにもなった曲。

前作(「おやすみ☆LOVER」)からは1ヶ月も間を開かずに公開できた。

TM NETWORKのカバーは前作の「COME ON EVERYBODY」からは1年9ヶ月の間が空いている。

原曲のAメロの「たんたんたん、たたーんたん」というフレーズを左右に分離したいという欲求が以前からあって、「おやすみ☆LOVER」の完成後あまり間を置かずに制作を開始。

最初は週末で作業していたけど、今週は完成が近いということもあって、平日の夜もゲームをほとんどせずに作業して、今日公開することができた。

アレンジは、いつものトランス系音源を多用しつつ、原曲にもあった透明感を大切にして制作したつもり。

で、今回はなるべく付点8分×2+8分の2泊3連(「たーんたーんた」)を使用しないように心がけた(全く使用していないわけではない)。

もともと原曲で「たたん、たたった」のリズムが刻まれているので、そちらを大切にした。

あと、スネアドラムの音色が、最近同じようなのばかり使っている気がしたので意図的に違う毛色のものにしてみた。

ボカロに関しては、所々譜面ではなくて原曲っぽくタイミングをずらしたりしてみた。

あとは、今回は1つのフレーズも複数の音源を重ねてたりするので、トラック数がそこそこ増えた。

最初は問題なかったのだけど、ミックスの段階で各音源にイコライザなどのエフェクトをバンバン付けていたら、負荷がかかりすぎて音が出なくなったりしてしまった。

ソフト音源をフリーズ(音声ファイル化)したら負荷が下がって問題なく再生できるようになったので、作業を続けることができた。

ということで、よかったら聴いてくださいな。







 
タグ : 音楽 DTM

カレンダー

01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttp://twitter.com/Hi_Ta

GoogleAdSense

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト













 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

QRコード

QR