FC2ブログ

■第9曼荼羅 東京公演2日目/平沢進

今日は、10月5日~7日まで、新木場のSTUDIO COASTで公演される、平沢進のTwitter follower 9万人到達記念ライブ 第9曼荼羅の東京公演2日目を観に行ってきた。

このライブは、平沢進のTwitter followerが9万人に到達したのを記念に開催されるライブで、7月に大阪で2日間公演されたものの続きとなっている。

なぜ続きかと言うと、このライブでは、全5公演中に叩かれるスネアドラムをカウントしており、打数が9万打に到達すると9万音符から成る楽曲が無料公開されるという企画となっているからである。

大阪での2公演では30009打が達成されており、昨日の東京公演1日目では51332打まで達成されていた。

STUDIO COASTには16時過ぎに着いた。
物販がすごい混んでいるかと思ったら空いていたので、後日ネットからコンテンツがダウンロードできるメモリアルパッケージカードと、今回のライブのマークをあしらったメタルサークルバッジを購入した。

メモリアルパッケージカードは後日オンラインショップで販売されるとは思うけど、ネットだと送料の分が上乗せされるので買えて良かった。

その後は、雨が強くなってきたので新木場の駅まで戻って時間を潰していた。

開場は18時だけど、整理番号が比較的前の方だったので17時過ぎには会場に向かった。
雨は強くはないけど弱くもない感じで待って、整理番号順に入場。

前の方も行けないことはなかったんだけど、圧縮されるのが嫌だったので、中央のバーの後ろにした。
開演後は案の定、前の方は圧縮されて自分の前は空き空き状態になっていたけど、それを見つけた人が入ってきてた。

自分はバーにもたれかかりながら楽な姿勢で観ることができた。

ステージは背面に第9曼荼羅のマーク(打数ごと点灯するランプが増える)とその下にカウントした打数を表示する横長のLEDスクリーンが設置されており、左側には会人(えじん)のブース、右にはドラムセット、中央に平沢進のブース。

会人のブースは、左が鶴(TAZZ)のスペースでバイオリン、キーボード、パッドが設置されていた。
右が松(SSHO)のスペースのサイレントチェロ、ギター、パッドが設置されていた。

パッドはLEDがマトリックス状に配置されているもので、上方に設置されており、曲によって表示されるLEDパターンが変化していた。

ドラムセットの側には青いパトランプが設置されており、たまに挿入される打数M増設タイムになると光っていた(Mはモジュールの略だと思われる)。

平沢進のブースはレーザーハープとギターが置いてあった。
ギターはアコースティックギター(会人ブースの前に設置)とデストロイ用のギター(平沢ブースの後方)とスタンドに置いて演奏する用のEVOの3つがあったようだ。

大阪2公演と東京公演の1日目はYoutubeでの配信を観ていたのだけど、カメラアングルは右側からの固定アングルだったので、会人が何をしているかはあまり良く見えなかったのがわかった。

出囃子が始まると溶接する人が使うマスクのようなものを被った会人(えじん)と名付けられた2人と、上下黒の袴姿の上領亘が現れ、最後に平沢進が登場。
平沢進は大阪公演と違い白髪。

ちなみに上領亘は改訂P-MODELと言われていた時期にP-MODELのメンバーだったことがある。
大阪公演ではパーカッション関連を担当していたのは鶴(TAZZ)だったが、東京公演では上領亘がドラムを担当する。

最初はオーロラ3から始まった。
最後に打数を稼ぐための上領亘のソロタイムが増設されていた。
確率の丘、CODE-COSTARICAと続きアディオス。

アレンジはオリジナルに準拠しつつも多少追加したりしている感じで、アディオスでは、サンプリングボイスをレーザーハープで鳴らして味付けしたりしていた。

さらにアディオスでも打数を稼ぐためのドラム叩きタイムが挿入されていた。

その後は灰よからの聖馬蹄形惑星の大詐欺師。

いつの間にか聖馬蹄形惑星の大詐欺師のイントロや間奏の平沢のサンプリングボイスの継ぎ接ぎ部分の「ハーイ ハイ ~」の部分を観客が合唱するようになっていた。

その後は、生まれなかった都市、パレード、人体夜行。

その後、昨日はなかったと思われるムービータイム。
大阪メモリアルカードでダウンロードできた動画だと思われるけど、完全に同じものかは不明。
ただ、打数表示のスクリーンに表示されていたので、縦横比が異なるため上下は切れていた。

ムービー後は上領亘のドラムソロタイム。
ここでも打数を稼いでいく。

ドラムソロからシームレスにSIAM LIGHTSに入っていき、トビラ島。
トビラ島では前方に座りながらアコースティックギターを弾きながら歌っていた。

その後は、現象の花の秘密からのアヴァター・アローン。
アヴァター・アローンでは再び打数M増設タイムで打数を稼ぐ。

その後は、Archetype Engine、回路OFF回路ON、サイボーグ、ホログラムを登る男、白虎野で本編終了。

アンコール前のMCでは、サポートメンバーの紹介とサポートドラムの上領亘への明日の声援の練習をした。
呼び方は「わたる」となり、わたるコールが鳴り響いた。

アンコールはWi-SiWiと鉄切り歌。
鉄切り歌のサビの「だんだん切れ」は観客の大合唱となって終了した。

平沢進のギターソロ、上領亘や会人のソロで歓声が上がるのはいつものことなんだけど、今回は打数が1万回ごとにも歓声が上がっていたな。

打数を稼ぐ時間が入っていたけど、東京1日目よりは少ない打数だった。
最終日で達成できるのかな?

最終日は、申し込んでいたけど抽選に外れたんだよね。
行きたかったな。
配信で観ることができるのがせめてもの救い。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttp://twitter.com/Hi_Ta

GoogleAdSense

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト














 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

QRコード

QR