FC2ブログ

■初音ミク「JEWELRY ANGEL/access」をニコニコ動画に公開

日曜の深夜(時間的には今日)に、ニコニコ動画に初音ミクに歌わせたaccessのJEWELRY ANGELを公開した。

accessのカバーは2013年6月のSWEET SILENCE以来なので5年近く振りだけど、前作のオリジナル曲を公開してから1ヶ月しか経過してない。

この曲は、1993年にリリースされたaccessの2ndシングルに当たる。

DTM環境を移行して、Cubase Pro 9.5での初作品。

アレンジについては、原曲の特徴的なベースラインを用いて、トランス系の音色を多用した疾走感のあるアレンジになっていると思う。

そもそも打ち込むにあたっては、イントロのピアノ、原曲のベースラインを使う、ラストのサビ部分での裏のコーラスを入れるというのだけは漠然と決めていた。

原曲のベースラインは意外と曲者で、最初はドラムを鳴らさずに歌に入ろうとさせていたけど、ガイドメロディで合わせた所、なんかおかしい感じがした。

多分、Aメロの始まりが、8分休符の後から始まるのと、ベースラインの関係で、小節の最初がつかみにくくなっているのではないかと思ったので、バスドラとスネアを入れてみたところ、おかしい感じがしなくなった。

ラストのサビ部分での裏のコーラスは、手元にあったバンドスコアにも記載されていなかったので、苦手な耳コピをした。

まずは、なんと歌っているのかを原曲を聞いて把握して、その後はメロディラインを耳コピした。

しかし、複数の音程でコーラスが重ねられているのでよくわからなかったので、とりあえずコードの構成音でそれらしいメロディを付けて音を重ねてみたら、それらしくなったので採用した。


Cubase Pro 9.5のお試しということで作ったのだけど、いろいろ不具合みたいなのはあった。

まずは、この曲でも多用しているトランス系音源のSUPERWAVE Trance-Proが、ファイルを開いても音源がロードされていないみたいで、ファイルを開くごとに音源の設定を開かないといけなかった。

あとは、ほとんど使ったことがなかったある音源を使用しようとしたらCubaseが固まった。

他には、ボーカロイドのエディタのピアプロエディタが固まることがあった。
こちらは、エディタが固まった状態でファイルを保存して、ファイルを開き直せば問題なかった。

これは、今回ピアプロエディタが最大16トラック使えるうちの13トラックを使用していたから重くなったのかもしれない。

PCへの負荷の点では、意外とCPU使用率が高くなるな~と思ったけど、ミキサーの演算を32bitから64bitにしたり、プロジェクトの音質を16bit 48kHzから24bit 96kHzにしたりしていたので、以前の数倍の演算が必要なので妥当なところかな。

まぁ、ハイレゾで配信することはないので、24bit 96kHzで作る必要はないんだけどね。

ということで、よかったら聴いてくださいな。



 

スポンサーサイト
タグ : 音楽 DTM

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttp://twitter.com/Hi_Ta

GoogleAdSense

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト














 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

QRコード

QR