FC2ブログ

■2019年4月14日

今週は、5日会社に行った。

仕事は、まだ前の作業が終わっていないことになっているけどデータはもらったので、新しい作業に着手してた。

プログラムの作成もちょっとした。

前の作業は、これまでの作業量から計算した進捗料にするとまだ終わってはいけないくらい残っていたので、金曜日の報告ではまだ終わっていないことになっている。

残りの作業で使用するデータの大半は、作業ができない状態のデータだったので、来週前半には終了したと報告する予定。

他には、新年度ということで、大小の部署単位での方針説明会が多くてうざい。

まぁ、ベクトルを合わせるということでやっているのだけど、別に自ら進んでやりたいことをやっているわけでもないし、合わせたところで高い評価を得られるわけではないし、そういうことを言われるとベクトルを合わせたくなくなるひねくれた性格なので合わせる気はないw


その他は、何かあったかな?

あえて書くとすれば、4月2日にリリースされたVisual Studio 2019 Communityをインストールしてみたことくらい?

作りたいプログラムとかのためにVisual Studio 2017 Communityを入れていて、実際はそんなに作業はできていないんだけど、2019は使用するメモリ量が2017に比べて抑えられているとかあるので、インストールしてみた。

2017で作りかけのプログラムのプロジェクトとかのファイルは、特に何もすることなく2019でも読み込めたし、プログラムのコンパイルとかでもエラーが出なかった。

これは、使用言語がC#だし、.Net Frameworkのライブラリを使用しているから、Visual Studioのバージョンに依存しないのかな。

昔のVisual C++とかは、コンパイラ自体がVisual Studioに実装されているものだったので、Visual Studioのバージョンが変わると、プロジェクトのファイル自体の変換が必要になったり、コンパイルでエラーが出るようになったりするので、仕事ではサポートが切れているのに古いバージョンのVisual Studioでアプリケーションをリリースしたりしていたな(他には開発環境が変わるので、動作確認試験を1からしないといけなくなって、大変になると言う理由もあった)。

自分は、もともと仕事ではC++を使うことが多かったんだけど、C#を使っているのは、C++はUnix系OSで主に使用していて、最近の.Net Frameworkのライブラリを使用するC++は、Managed C++という多少文法とかが異なったりしていて使いにくいものだったので、WindowsでGUIのプログラムを作成する場合はC#を使うようになった。

プログラムをする時間も取りたいけど、今は優先度は低めかな。


ということで、週末の記録。

土曜日は、11時過ぎに起きた。

髪の毛がうっとおしくなってきたので、春日部のララガーデンのQBハウスへ。

土曜日の12時過ぎとかって、そこそこ混んでいると思ったんだけど、待ち時間0で切ってもらえた。

帰ってきてからは、録画した映像を観たり、DTM作業。

過去の曲をYouTubeで公開するために、一部修正して再ミックスしていた。

一部のドラム周りの音が、イコライザでの修正では思ったような音にならなかったので、音を足したりしていた。

他の音は定位をいじったりしたので、かなりの修正の部類に入るかな。

で、動画も作って深夜にYouTubeに公開していた。


今日も11時過ぎに起きた。

昼食を買いにコンビニに行って、帰ってきてからはいつもの過ごし方。


来週もこれといった予定はないかな。
後2週間行ったらゴールデンウィーク!
適当にやり過ごすかな。
スポンサーサイト
タグ : 日記

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttp://twitter.com/Hi_Ta

GoogleAdSense

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト













 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

QRコード

QR