FC2ブログ

■DA LIVE METAVERSE 2019 Cθda growth(1日目)/浅倉大介

今日は、1月19日、20日に公演される浅倉大介のソロライブ「DA LIVE METAVERSE 2019 Cθda growth」を観に、ヒューリックホール東京に行ってきた。

浅倉大介のソロとしては昨年の8月に行われた「DA metaverse beginning θ+」には参加していないので、自分は2016年の「DA METAVERSE 2016 quarter point」以来となる。

ヒューリックホール東京は有楽町駅近くの有楽町マリオンの11階なんだけど、11階というのを見ずにスマホの地図を頼りにして行ったので、最初は見つけられず少し迷ってしまったw

15時50分頃にヒューリックホール東京に到着することができて、14~16時のグッズの先行販売にぎりぎり間に合ったのでパンフを購入。

今回はパンフは4000円。
quarter pointの4500円よりは安かった。

チケットも11000円とquarter pointよりは安かったけど、accessに比べると高め。

開場は20分近く遅れた。
座席は後方だったけど、程よい傾斜があったのでステージへの視界は良かった。
自分の前の席は空席だったのもあるかも。

今回は当日券の案内や、帰る時に2日目の公演のチケットの販売をしていたので、満席ではなかったみたいで、所々空席があった。

まぁ、浅倉大介ソロだし、チケット代を考えると仕方のないことかな。

開演は開場が遅れたためか15分ほど遅れた。

ステージは、開演まではスクリーンで隠されており、そのスクリーンには今回のCθda growthの「θ」を象ったロゴマークが映されていた。

1曲目は、DA METAVERSE最初の曲のDream Ape Metaverseで始まった。

スクリーンが降りたままの状態でイントロが流れて、十字(こちらはELECTROMANCERのイメージ?)と天球儀(天球儀はこれまででも色々使われていた)が映し出され、歌が始まった頃からスクリーンが上がっていくと、ステージのシンセブースに浅倉大介が立っていて、直立不動で歌っていた。

ステージは、背面にさらにスクリーン(LEDではない)が有り、その前に嵩上げされた浅倉大介のブース。
左はシンセスタンドを3つほど設置してあり、右側は後ろにMOOGが設置されており、その前にピアノ(中身はシンセ)があり、ピアノの上にMOOGの鍵盤が設置されていた。
背面のスクリーンは曲によっては膜がかかって隠されていた。

その後は、軽く挨拶があって、Yata - Raven Chronicle。
ステージの左側に置かれていた椅子に女性ダンサーが座り、男性パフォーマーが出てきてパフォーマンス。

その後は、MOOGを使ってのMAGETIC SPRINGで、その後は男性ボーカル(GARIと言うバンドのYOW-ROW(ヨウイチロウと読む))が登場しMEME CRACK。

大ちゃんはサビの部分だけ歌って、YOW-ROWがラップっぽい部分を担当。
原曲ではラップのない部分にもラップを入れたり、サビの部分で合いの手やコーラスを入れたりしていた。

次のWild butteflyでもYOW-ROWは参加していた(他の曲でも登場することがあった)。

その後のevolution、The Transmutersでは伊藤賢一が登場してギターを弾いていた。
この人がギターを弾くと、すごくロックになるんだよね。

その後はMCで、今回のライブをCθda growthとした理由などを説明。
時代の変わり目だけど、終りがあるからまた次があるとか。

MC後は、好き勝手に Cθda growthの世界を音で表現したいと言って、MOOGを使ってのソロ。
木星や展覧会の絵などのクラシックのフレーズからのTMNのTIME TO COWNTDOWNのイントロピアノフレーズからQuantam Mechanics Rainbow Ⅳ、THE ELECTROMANCERを演奏。

その後は新曲かな?
特に説明はなかったけど、ポップな曲でサビの部分はスクリーンに歌詞が表示されていた。

この後は大ちゃんの休憩時間。
スタッフがMOOGのチューニングをした後は、Platonic Compileに合わせて、パフォーマーと女性ダンサーのパフォーマンス。

後半最初の曲は、MOOGを使用してのOuranus -te・n・ku・u-、曲名は知らない曲。

その後はtopology、march hare。
march hareではお馴染みのウサミミをつけた女性ダンサーが登場し、ぴょんぴょんで盛り上がっていた。

その後はPANDORA曲のShining Starを演奏。

その後は、伊藤賢一とYOW-ROWが登場しCAUTION!。
ポップな雰囲気から一変した。

YOW-ROWのボーカルが入ったので、これまでのCAUTION!から雰囲気が変わって新しい感じだった。

その後は、The SeekerのFortlessを大ちゃんのボーカルで演奏。

そして、Red Coder "anemone"、THE ELECTROMANCERで終了。

背面のθのロゴマークが、音楽記号のコーダマーク(円に十字が入った記号、ヴィーデとも言うらしい)に変化した。

曲の終わりへと向かうという意味があり、最後にコーダマークの部分を演奏するということなので、一つの時代が終わるということを示したかったのかな。

アンコールはMCの後は、Puppet Master、Danteroidの2曲。

伊藤賢一がギターで参加したり、男性パフォーマーの方が登場したりした。

最後は、サポートメンバーの紹介をして終了。

大ちゃんはどの曲で何を演奏してたかは確証がないので書かななったけど、シンセブースで演奏する以外では、KX5だったりギターを演奏していたりすることもあった。

accessと違ってソロはソロでまた違った趣があって面白いし、MOOGの音は他のシンセを圧倒する太さがあるので、またソロライブがあったら行きたいな。

■回=回 追加公演/核P-MODEL

今日は、豊洲PITで公演された、核P-MODELのライブ「回=回(Kai equal Kai)」の追加公演に行ってきた。

昨年の9月の大阪公演、11月の東京公演に続く追加公演。

11月の東京公演は2日共参加しているので、主だった内容はそちらの記事(回=回 東京公演1日目、2日目/核P-MODEL)を参照してください。

豊洲PITには16時30分過ぎに到着。

グッズ販売は14時から開始されていたためか、一部売り切れは出ていて、待ち時間はなくメモリアルカードを買うことができた。

グッズ販売は屋内だったのだけど、リハーサルの音漏れが聞こえてきていた。

開場は17時30分の予定だったのだけど、実際は20分近く遅れての開場。

自分の整理番号は600番台だったのだけど、会場のキャパがスタンディングは3103名とされているので、良い番号の部類に入る。

速攻でドリンクを交換して、見る場所を確保。

真ん中から少し左寄りの、最初の段差があるバーの2列目に立つことができた。
おかげで、前を遮るものがなくステージを見ることができた。

ステージは、これまでと同じ感じだけど、東京公演の時はなかったと思われる会人ブースが底上げと、平沢進ブースの後ろにお立ち台が設置されていた(東京公演はステージが見にくい部分もあったのでもともとあったかもしれない)。

開演は15分程度押した。

1曲目のP-MODELカバーは回収船。
これは今回のライブタイトルの回=回にちなんで「回」が入っている曲ということなのかな?

その後の曲順は13曲目がTimelineの東になっていた以外は、東京公演2日目と同じだった。

途中、赤いギターを構えた時にストラップがちゃんと付いてなかったのか、つけなおしたりすることがあったり、ペットボトルの水をこぼしたりしているのも見ることができた。

それ行け!Halyconでは、東京公演2日目で使ったグリップに棒がついていてその先にカメラが付いているものを、今回も振り回していた。

ただ、前回の時にカメラをマイクにぶつけてレンズが割れた(昨年12月22日のBSP(YouTube)で話していた)のを避けるために、回し方は前回に比べて控えめになってたかな。

あと、頭上でぐるぐる回すだけでなく、棒の途中を握って支点にして縦に回転させてみたり、会人を写してみたりしていた。

HUMAN-LEで本編が終了した後、出囃子が鳴りつつ平沢進が話しながら登場し、OH!MAMA!、いまわし電話の2曲の連続P-MODELのカバー曲でアンコールは終了。

今回は、東京公演で見ることができた、モニターに映像ソフトの切り替えメニューが表示されることもなかったな。

あっという間の1時間30分で楽しかった。

次回はソロかな~
またライブをしてくれるといいな。

■2019年1月13日

今週は、5日会社に行った。

まぁ、仕事自体は相変わらずだったのだけど、来年度(実際は今年)のゴールデンウィークについての扱いが落胆するものだった。

いつもゴールデンウィークは、5月1日はメーデーで休みで、4月30日と5月2日は、土曜日の祝日の振替だったり、有給休暇を強制で取得させることによって、10連休とかを実現していた。

今年のゴールデンウィークは、国としては5月1日を祝日にして、4月30日と5月2日は国民の休日として国を挙げての10連休を推奨してきた。

普通ならそのまま休みとなって、土曜日の祝日の振替だったり、有給休暇を強制で取得ということはなく10連休になるはずが、2日多く休みにすると売上が下がると言う理由から、会社としては休日とはせず、夏季休暇にもらっている特別休暇をあてて、夏季休暇は有給休暇を5日消費することとなった。

来年度から有給休暇を5日は強制で取得しないといけなくなるから丁度いいだろうと言う感じだったのだけど、なんだかな~

まぁ、サービス業とかの人は休みにならなかったりするから恵まれてはいるのだけど…


その他では、あんまりないかな。

ゲームのスマホ版のドラクエモンスターズ テリーのワンダーランドSPが、配合でつくれるモンスターはすべて仲間にできて、残りはたまにフィールドにいる他国のマスターからスカウトしないといけなかったりするものだけになった。

最後の方は、まだ仲間にしていないモンスターとその配合方法を書き出して、ひとつずつ潰していく作業だった。

とはいえ、大体が一つできるとそれを使って配合していくものばかりだったので、計画的にやればそんなに時間がかかるものではなかったかな。

一度仲間にしたけど手元にないものは、めぐりあいの扉で再入手できる(必ず欲しいものが出現するとは限らないけど)ので、1から配合していったりするのに比べると簡単になっているしね。

残りはまったりやっていくしかないのかな~

で、今回テリーSPやって思ったのが、ドラクエ5とかをもう一度やりたいけど、今持っているDS版だと会社でやりにくいけど、スマホだとプレイしててもスマホをいじっているだけなので、画面を覗かれない限りバレないから、スマホ版を買いたくなった。

しかし、年末年始セールが終了した後だったので、またセールがあった時に購入しようかな~とか思っている。


あとは、金曜の夜にDTMをやって新曲のアレンジがだいたい組み上がった感じ。

で、作詞に着手した。
そこそこスラスラできていったけど、内容が微妙なので少し手直しが必要かも。


ということで、週末の記録。

土曜日は、金曜日にDTMと、年末に安売りしてたまとめ買いした電子書籍のコミックを読んだりして5時過ぎに寝たので、昼頃起きた。

昼食はスーパーに買いに行って、夕方は病院に行っていた。

日曜は少し出かける用事があったので、いつもより早めと言っても2時ごろ寝た。


今日は、7時過ぎに起きて、9時頃家を出てでかけてきた。

用事を済ませた後は、渋谷のビックカメラに寄って買い物をして帰ってきた(帰りの途中の大宮にもビックカメラはあるんだけど、面倒だったので渋谷にした)。

その後は、録画した仮面ライダーなどを観て、風呂と夕食の後にこの記事を書いている。

この後は、ドラクエXを少しやって、オクトパストラベラーを進める予定。

オクトパストラベラーは各キャラの2章をやっているのだけど、1人目の2章のボスが倒せなくて、直前でレベル上げをしたりしている。


来週は、月曜日まで3連休で、明日は核P-MODELのライブに行く予定。

場合によっては火曜日会社に行く気が起きなくて休んでしまうかも。

そういえば、当日に休んだ場合、有給休暇でなく欠勤にされても文句が言えないとかいうニュース記事があった。

自分の勤める会社の場合は、当日に連絡しておけば有給休暇にしてもらえるので優しい会社みたいだ。

まぁ、前いた部署では事前に休むことを言うと上司に嫌味を言われたから、事前に休む予定になっていても当日休む連絡を入れて休んでいたけど、これは今だったらパワハラとかで上司を訴えることができそうだな。

ということで、来週は会社に4日行くのか、3日となるのか?(すでに休む気満々だったりしないでもないw)
タグ : 日記

■2019年1月6日

今週は、4日の金曜日から仕事なので、1日だけ会社に行ってきた。

とは言え、4日も休むと週末に連結できるので、多くの人が休みにしていて、自分の所属するチームで出勤してたのは自分だけだった。

隣のチームの人も1人だけ出勤してた。
あと部長は出勤してたな。

本当は、会社でダラダラ過ごしたと書いて終わりにするところなんだけど、年明けの出勤早々衝撃の事実を知ることとなった…

以前から給与制度を改定しようとしているというお知らせはあったのだけど、その詳細が明らかになった。

結論からすると、自分の場合数年かけて月給が2万円減ることになる…

給与は、基本給+加算給で計算されていて改定後も基本は変わらないのだけど、算出方法などが変更になる。

これまでは等級1~4(4が高い)で、等級内にランクA~C(Aが高い)があり3Aなどで表現されていた。

それで、各ランクごとに基本給の金額が設定されており、年間評価によってランクが変化する。
等級は仕事内容などで別で変化していたようだ。

加算給は等級ごとに上限が決められており、(上限-現加算給)×評価で決定されていて、等級が下がるなどで加算給が上限を超えた場合は昇給額は0となるが、加算給が下がることはなかった。

改定後は、等級は1~4で変わらないが、等級内のランクがA~Fの6段階に設定されるようになり、基本給は等級で統一されランクによる変化は無くなった。

一方、加算給によってランクが決定され、年度の評価によって加算給が変動するようになった。

評価はS、A~Dの5段階評価で、Bが普通という感じなのだけど、ランクAだと増額するのはSだけで、Aは増額なし、B以下は減額と言う感じで、減額するようになった。

ランクDだと評価S~Bは増額、Cは増額なし、Dは減額といったように、加算給の金額によってどの評価から増額するかは変化するようになった。

自分の場合は、今の給料だと、B評価をもらわないと減額するのだけど、評価の仕方が違うとは言えボーナスの評価がDだったので、後3ヶ月で挽回してB評価に持っていくことは不可能だと思うので、月4000円位減額する予定。

で、ある一定のランクに下がるとD評価でも減額なしになるので、そこまで下がることを考えると、数年で2万円ほど月給が下がることになる。

会社としては、優秀でない人も最終的には優秀な人と同じ給料になっていくのと、等級によって加算給の上限があることから、等級が変わらない限り成績が優秀な人の昇給が止まってしまうのを改定したいとのこと。

現行の給与制度も成果主義を取り入れたものらしい(自分が入社したときにはこの制度だった)けど、加算給が下がることがないなどある意味年功序列な部分も残っていた。

今回は、その年功序列部分を完全に廃して、成果主義で給与を決めるようにしたということかな。

自分の場合は、残業しないとかいろいろな事情からそんなに高い成績を望めないし、相対評価で決まるから、頑張るのは自分の価値観からすると損だと思ってしまう。

なので、月2万円下がるのは痛いけど、これ以上下がらないところまで下がっていいやと言う感じかな。

まぁ、こういう改正は、得てして会社に有利な制度に変えるためにあるものだからね。

普通にバイトとかして今の給料もらうことを考えたら、現状のほうが楽だし、オンラインゲームと同じで運営が決定したルールは簡単には覆らないからね。

公開されているルールを解析して、自分に適した遊び方を見つけるしかないのだ。

いいネタができたけど、年末休み前に公表した会社と組合のやり方が気に食わない。


ということで、他の休日の記録など。

1月3日までは、だいたい家でゲームとかしてたんだけど、2日はここ数年恒例の自転車でヤマダ電機に行くついでに、愛宕神社に初詣してきた。

ゲームは、オクトパストラベラーを初めた。

8人の主人公がいて、そこから1人を選んで初めて、最終的には他の7人と出会って物語を進めていく形式。

今は10時間位プレイして、他の7人とも出会ってこれからどうするかと言ったところなので、まだまだ序盤かな。

戦闘とかも戦略性があって面白い。


土曜日は、昼間は録画しておいたドラマを観ていた。

昨年亡くなった内田康夫の浅見光彦シリーズのドラマで、TBSの新・浅見光彦シリーズの1、2作目の、「漂泊の楽人」と「後鳥羽伝説殺人事件」を観た。

どちらも原作からの改変がすごかった。

登場人物とかを借りてきた別の作品になっていた。

どちらも20年以上前の作品で、浅見光彦は永遠の33歳となっていて、周囲の時代は執筆当時の時代に合わせているので、過去の作品を今の時代に合わせるといろいろ難しいのだと思う。

内田康夫の作品は、意外と戦争とか過去の因縁から発生するものが多いので、20年以上前の作品とかを今に持ってくると、戦争当時子供だった犯人が、作品発表当時から20歳年をとった設定にしないといけなくなったりしておかしくなってしまうものもあるからな~

脚本家の人も再構成するのが大変そうだな。


今日は、11時前には起きて、昼食を買いにコンビニに行ったついでに、2週間後の浅倉大介のソロライブのチケットを発見してもらってきた。

今回はぴあでチケットを取ったのだけど、クロークといかいうシステムを使うようになったおかげで、2週間前じゃないとチケットを発券できなくなっていて、以前はもっと前から取得できてたのからすると面倒。

とは言え、発券前だったらリセールとか分配したりすることができるらしいので、転売対策とかにはなるのかな?

後は、ドラクエXの日曜の日課をやってこのブログを書いている。


来週5日行ったら、3連休。
給与制度の変更で更にやる気も無くなったし、適当にやり過ごすかな~
タグ : 日記

■あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年は、このブログやhi-ta.comのコンテンツ、ニコニコ動画やYouTubeなどの音楽作品へのアクセスありがとうございました。

また、リアルやドラクエXでのお付き合いのある方、昨年はありがとうございました。


今年も年越しはドラクエX。

23時過ぎから、花火がきれいに観えるというジュレットの高台で待機して、花火で年越し。

その後、0時30分頃に落ちて、1時からは伊集院光の深夜の馬鹿力を生で聴いて、3時過ぎからは読書をして5時近くに寝た。

起きたのは11時前で、ダラダラと録画したTV番組を観ながらこのブログを書いている。


それでは、昨年と同じで今年の方針でも。

プライベート重視で去年と変わらず、仕事は適当にやりつつ過ごしていきたいかな。

後は、趣味の時間の充実。

DTM、ゲーム、読書を軸にやっていきたいかな。

DTMはYouTubeでの過去作品の公開を進めつつ、新作も公開していけたらいいいかなと思う。

ゲームと読書は、積みゲーと積読をしまくっているので、頑張ってこなしていきたいかな。

それ以外は、去年ほどやりたいことが確定してないかも。

あんまり面倒なことは考えたくないな~w


ということで、今年も簡単ですが、新年の挨拶にさせていただきます。

みなさんにとっても、いい1年となることをお祈りしています。

タグ : 日記

カレンダー

01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttp://twitter.com/Hi_Ta

GoogleAdSense

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト













 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

最新コメントのRSS

最新トラックバックのRSS

QRコード

QR